労働基準法や労働契約法とは、どのようは法律なのでしょうか?条文の他に、「条文が指し示す範囲や裁判例、行政通達もあわせて確認したい」というときに役に立つように、労働基準法と労働契約法の条文と”そもそも”をまとめています。個別具体的な相談事例を確認したいときのためにカテゴリーごとに相談事例を用意しています。

労働基準法・労契法のそもそも

(労働基準法 第1章)総則

そもそも「労働基準法の原則」とは?

法律の”そもそも”に立ち返る

「労働基準法」とは労働条件に関する最低基準を定めています。この記事では「労働基準法」について、どのような定めがあり、労務管理で配慮しなければならないのでしょうか?

そもそも「労働契約法の原則」とは?

法律の”そもそも”に立ち返る

「労働契約」は本来どのような契約を結んでも自由であることが原則です。しかし、制限がない場合は、相対的に立場の強い使用者有利の条件で契約が締結されてしまいますので、労働基準法で制限が課せられています。

(労働基準法 第2章)労働契約~採用・解雇・退職・休職/復職

そもそも「採用・労働契約」とは?

法律の”そもそも”に立ち返る

「労働契約」は本来どのような契約を結んでも自由であることが原則です。しかし、制限がない場合は、相対的に立場の強い使用者有利の条件で契約が締結されてしまいますので、労働基準法で制限が課せられています。

そもそも「解雇と退職」とは?

法律の”そもそも”に立ち返る

「退職」とは会社と従業員の雇用契約を終了させることで、「解雇」とは会社側が一方的に雇用契約を終了させることです。この記事では「退職と解雇」についてどのようなことを配慮しなければならないのでしょうか?

そもそも「休職復職」とは?

法律の”そもそも”に立ち返る

「休職復職」とは病気等の理由によりお休みをすることです。この記事では「休職復職」について、労働基準法などでどのような定めがあり、労務管理で配慮しなければならないのでしょうか?

(労働基準法 第3章)賃金

そもそも「賃金」の原則とは?

法律の”そもそも”に立ち返る

「賃金」にも計算のしかたから支払いまで、様々なルールがあります。この記事では「賃金」について、労働基準法などでどのような定めがあり、労務管理で配慮しなければならないのでしょうか?

(労働基準法 第4章)労働時間・休憩休日・有給休暇

労働時間・裁量労働制・変形労働時間

そもそも「労働時間」の原則とは?

法律の”そもそも”に立ち返る

「労働時間」とは始業の時刻から終業時刻までの間で会社の指示に従い業務を行わなければならない時間です。労務管理で配慮しなければならないのでしょうか?

そもそも「変形労働時間」とは?

法律の”そもそも”に立ち返る

「変形労働時間」には1か月単位の変形労働時間制、1年単位の変形労働時間制、1週間単位の変形労働時間制、そしてフレックスタイム制があります。労働基準法などでどのような定めがあり、労務管理で配慮しなければならないのでしょうか?

休憩と休日・時間外/休日労働と割増賃金・有給休暇

そもそも「休憩と休日」とは?

法律の”そもそも”に立ち返る

「休憩と休日」について、労働基準法などでどのような定めがあり、労務管理では、休憩、休日の基準、休憩、休日の与え方にどのように配慮しなければならないのでしょうか?

そもそも「残業」とは?

法律の”そもそも”に立ち返る

「残業(時間外労働)」とは始業時刻前、終業時刻以降、もしくは休日に労働することです。労働基準法などでどのような定めがあり、労務管理でどのようなことに配慮しなければならないのでしょうか?

そもそも「有給休暇」とは?

法律の”そもそも”に立ち返る

「有給休暇」とは全ての従業員に与えられる制度です。労働基準法などでどのような定めがあり、労務管理で配慮しなければならないのでしょうか?

(労働基準法 第6章)年少者・女性&妊産婦

そもそも「年少者」とは?

法律の”そもそも”に立ち返る

「年少者」とは満十八才に満たない者のことを指します。この記事では「年少者」について、労働基準法などでどのような定めがあり、労務管理で配慮しなければならないのでしょうか?

そもそも「女性(妊産婦)」の保護とは?

法律の”そもそも”に立ち返る

「女性(妊産婦)」は就労にあたって配慮が必要とされています。この記事では「女性(妊産婦)」について、労働基準法などでどのような定めがあり、労務管理で配慮しなければならないのか、妊娠中、産後1年以内の女性の保護などについて説明していきます。

(労働基準法 第9章)就業規則~服務規律と懲戒

そもそも「就業規則」の原則とは?

法律の”そもそも”に立ち返る

「就業規則」について、労働基準法などでどのような定めがあり、労務管理で配慮しなければならないのかなど、就業規則の作成や周知について、何に配慮しなければならないのでしょうか?

そもそも「服務規律と懲戒」とは?

法律の”そもそも”に立ち返る

職場の規律を維持するためには、きちんと「服務規律」を記載しなければならない内容になります。「服務規律」を定めるにあたって、どのようなことを配慮しなければならないのでしょうか?

(労働基準法 第11章)是正勧告・罰則・時効

そもそも「是正勧告」とは?

法律の”そもそも”に立ち返る

「是正勧告」とは労働基準監督署から労務管理に関して改善を求める勧告です。労働基準法などでどのような定めがあり、労務管理でどういったことに配慮しなければならないのでしょうか?

(労働基準法 第12章)雑則・その他

労働基準法に関連するその他の原則とは?

法律の”そもそも”に立ち返る

「技能者」「寄宿舎」「法定帳簿」について、労働基準法などでどのような定めがあり、労務管理で配慮しなければならないのでしょうか?

あわせて読みたい

職場の問題が解決しない

「やりかた」の前に「ありかた」

労働トラブルの発生や、あるべき姿が定まらない原因は「根本の考え方が揃っていない」ことも理由の一つです。これまでの経験や判断を振り返り、これからの自社/部門のあるべき姿を発見・共有する職場学習型の研修をご存知ですか?

”ありかた”を見直す

トラブルの防止は「やりかた」の前に「ありかた」

労働トラブルの発生の原因は「根本の考え方が揃っていない」ことも理由の一つです。グループ会社であるアイプラスHRコンサルティング株式会社では「自社らしさ」を浸透させる組織学習のコンサルティングを提供しています。