Q:カレンダーを基準とすると曜日まわりによって週の数が変わりますが、法的には1年間は何週間とするのが正しいのでしょうか?

また、1年間の労働時間の上限と、1か月の労働時間の上限は何時間になるのでしょうか?また、休日の最低日数は、法的には何日与えなければならないのでしょうか?計算方法を教えてください。

簡単な計算式で求めることができます

1年間は何週間あるのか

当然のことですが1年は365日(うるう年は366日)ありますので、単純に7日間で割ることで、1年間の週数を計算することができます。

365日÷7日(1週間)= 52.14週間

1年間は 52.14週間ということが分かります。

年間の労働日数・労働時間の上限は?

年間の労働日数の上限は?

法定の労働時間の上限は「1日8時間」「週40時間」となります。

先ほど計算した1年の週数は52.14週間ですので、1年間の所定労働時間を計算するには、52.14週に対して40時間を掛けると、年間の法定の労働時間の上限を求めることができます。

52.14週 × 40時間(週の労働時間の上限) = 2,085時間(年間の労働時間の上限

月の労働時間の上限は?

計算した2,085時間は年間の労働時間の上限です。
月数の12で割ることで、1か月の労働時間の上限を求めることができます。

2,085時間 ÷ 12か月= 173.75時間(月の労働時間の上限)

端数を繰り上げてしまうと、法定の上限を上回ってしまいますので、端数を切り捨て173時間になります。

年間休日の最低日数は?

1年365日から会社で決めた休日を引くと、年間の労働日を計算することができますが、そもそも、休日の最低日数は法的に何日になるのでしょうか?

まずは、年間の労働時間の上限を計算します。

365日÷7日(1週間)= 52.14週間(1年間は 52.14週間)
52.14週 × 40時間(週の労働時間の上限) = 2,085時間(年間の労働時間の上限)

ここまでは、年間の労働日数・労働時間の上限の計算と同じです。
年間の労働時間の上限が出てきましたので、年間の労働時間を1日の法定の労働時間の上限である「8時間」で割ると、法定の労働日数の上限が計算できます。

2,085時間 ÷ 8時間(1日の法定労働時間)= 260.6労働日

ここでも端数を繰り上げてしまうと、法定の上限を上回ってしまいますので、切り捨てて260営業日となります。

次に1年の165日から260労働日を引くと、年間の最小の休日日数が計算できます。

365日 – 260労働日 = 105日(休日日数)

まとめ

法定の週の数、1年間の労働時間の法定の上限、1か月間の労働時間の法定の上限、1日8時間勤務の場合の年間の最低休日日数は以下のようになります

  • 1年間は「52.14週間」
  • 1年間の労働日数の上限は「2,085時間」
  • 1か月の労働時間の上限は「173.75時間」
  • 1年間の最低の休日日数は「105日」(1日8時間労働の場合)

さらに休日の日数を少なくできないのか?

ちなみに、労働基準法では週に1日休日を与えることが求められています。
なので、最低休日=週の数になりますし、休日は1日(24時間)与えなければなりませんので「53日」が本当に最低限の休日日数になります。

では、53日の休日とした場合は、月曜から土曜日までの1日の労働時間は何時間になるのでしょうか?

まずは労働日を計算しなければなりませんので、

365日 – 53日(休日の日数) = 312営業日

年間の労働時間の上限が2,085時間ですので、

2,085時間 ÷ 312営業日 = 6.68時間

となります。

ただし、1日8時間、週40時間が法定の労働時間の上限ですので、
6.68時間 × 6日 = 40.08時間

となり週の法定労働時間を超えてしまいますので、
休日数を53日とした場合、

月曜から土曜の1日の所定労働時間は「6.6時間」

になります。

あわせて読みたい

職場の問題が解決しない

「やりかた」の前に「ありかた」

労働トラブルの発生や、あるべき姿が定まらない原因は「根本の考え方が揃っていない」ことも理由の一つです。これまでの経験や判断を振り返り、これからの自社/部門のあるべき姿を発見・共有する職場学習型の研修をご存知ですか?

日割り計算の計算式はどのようなものがあるか?

時間単価の計算方法・日割り計算のしかた

給与計算で日割り計算をするときは、歴日数や営業日数で時間単価を計算するより、月の平均所定労働時間を使った方が給与計算が簡便になります。月の日数に左右されない月の平均所定労働時間の求め方を紹介します。

そもそも「労働時間」の原則とは?

法律の”そもそも”に立ち返る

「労働時間」とは始業の時刻から終業時刻までの間で会社の指示に従い業務を行わなければならない時間です。労務管理で配慮しなければならないのでしょうか?