Q:当社で有期雇用の従業員が契約期間の満了で退職します。契約期間満了による退職の場合

  1. 従業員からの退職届の提出は必要になるのでしょうか?
  2. 雇用保険を脱退する際の退職事由は、「会社都合」になるのでしょうか?それとも「自己都合」になるのでしょうか?

また、期間満了することは、対象者の上長が口頭でしているのですが、問題はないのでしょうか?

「自己都合」でも「会社都合」でもありません

「自己都合」か「会社都合」かを考える前に、まず、契約期間の途中での退職なのか、それとも契約期間の終了による退職なのかで分岐があります。

契約期間の途中での退職なのか、契約期間の終了による退職なのか?

契約期間の「途中」で、雇用契約を終了する場合

・本人が申し出た場合:自己都合(本人が一方的に契約を解除した場合「辞職」)
・会社が申し出た場合:会社都合(会社が一方的に契約を解除した場合「解雇」)

契約期間が「満了」して、雇用契約が終了する場合

雇用契約満了による雇用契約の終了:「雇止め」(やといどめ)といいます。

今回は、有期雇用契約の満了による、雇用契約の終了ですので「雇止め」になります。
ですので、

  1. 契約期間の途中で、
  2. 従業員から、
  3. 雇用契約の終了の意思表示

の書類である退職届は不要であり、会社から「契約は●月●日で終了し、更新しません」という雇止めの通知書を交付することになります。
また、離職票を作成する際にも、通知書の添付が必要になりますので、書面による通知を行いましょう。

有期雇用の終了の通知

有期労働契約の雇止めについてですが、

  • 1年を超えて継続勤務
  • 3回以上更新している
  • 1年を超える契約期間

のいずれかの有期雇用契約を更新しない場合、その従業員に対して30日前までに雇止めの予告する必要があります。

その他注意すること

ちなみに、雇用契約を締結する時点で

  • 契約更新を”しない”としていた場合:そもそも、労使ともに更新しないことは雇用契約開始の時点で知っているので、前述の通知は不要になります。
  • 契約更新を”する”としていた場合:更新することを約束しているので、雇止めは出来ません。

そもそも「解雇と退職」とは?

法律の”そもそも”に立ち返る

「退職」とは会社と従業員の雇用契約を終了させることで、「解雇」とは会社側が一方的に雇用契約を終了させることです。この記事では「退職と解雇」についてどのようなことを配慮しなければならないのでしょうか?

職場の問題が解決しない

「やりかた」の前に「ありかた」

労働トラブルの発生や、あるべき姿が定まらない原因は「根本の考え方が揃っていない」ことも理由の一つです。これまでの経験や判断を振り返り、これからの自社/部門のあるべき姿を発見・共有する職場学習型の研修をご存知ですか?