「服務規律」とは労働基準法では特に制限は書かれていません。しかし、職場の規律を維持するためには、きちんと服務規程を記載しなければ、職場の秩序も維持できませんし、懲戒処分も行うことが難しくなります。「服務規律」を整備する際や、日々の労務管理をする上で配慮しなければならないのか説明していきます

服務規律

服務規律

異動・配置

出向

出向(労働契約法)

第十四条 使用者が労働者に出向を命ずることができる場合において、当該出向の命令が、その必要性、対象労働者の選定に係る事情その他の事情に照らして、その権利を濫用したものと認められる場合には、当該命令は、無効とする。

懲戒

懲戒

懲戒(労働契約法)

第十五条 使用者が労働者を懲戒することができる場合において、当該懲戒が、当該懲戒に係る労働者の行為の性質及び態様その他の事情に照らして、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、当該懲戒は、無効とする。

あわせて読みたい

そもそも「賃金」の原則とは?

法律の”そもそも”に立ち返る

「賃金」にも計算のしかたから支払いまで、様々なルールがあります。この記事では「賃金」について、労働基準法などでどのような定めがあり、労務管理で配慮しなければならないのでしょうか?

”ありかた”を見直す

人材教育・企業風土コンサルティング

弊社のグループ会社である、アイプラスHRコンサルティング株式会社では、「自社らしさ」を見つけ、継続的な成長を目指す。ポストコロナの時代に添ったコンサルティングを提供しています。