コラム・レポート

2022-03-29

「教養の日」と「勉強会の日」~当社の人材育成

採用情報&当社の"ありかた"

2022年から午後半日を使った「勉強会の日」(毎月1回)と、隔月1回、終日を使った「教養の日」という取り組みをしています。 22年3月の教養の日は、新宿の末廣亭の落語の寄席を見に行きました。「教養の日」の時間は業務時間と定義していますので、費用は会社負担、給与は支給であり、福利厚生の一環である親睦旅行や親睦イベントではありません。 人事の専門家を志す方に対し、当社がどのような人事の専門家を育成し、どのような人材を求めているのかを、人事の専門家を探している企業様に向けては、同社が人事サービスを通じて、お客様に何を提供したいのか知っていただく目的で、当社の独自の取り組みである「教養の日」と「勉強会の日」をご紹介します。 「教養の日」は経営理念・事業定義にもとづいた取り組み 会社の経営理念のひとつ「従業員に対する姿勢」の中で、「どこに行っても通用する、主体性と教養を提供する」を掲げています。その一環の施策として「教養の日」と「勉強会の日」を設けています。 経営相談や労務相談は、結論も背景もケースごとに異なるので、法律と事例だけ知っていても本当の解決には...

続きを読む »

2022-03-22

社内勉強会を開催しました

採用情報&当社の"ありかた"

当社は毎月第4金曜を社内勉強会の日としています。3月19日は午後から半日を使って社内勉強会を開催しました。 当社の社内勉強会は、”勉強会”という名称を冠していますが、実は手続きや給与計算といった、知識や技術の勉強は「社内勉強会」では扱いません。最新の決算書や試算表を回し読みしながら、会社の経営の方針...

続きを読む »

2022-02-19

社内勉強会を開催しました

採用情報&当社の"ありかた"

当社は毎月第4金曜を社内勉強会の日としています。2月19日は午後から半日を使って社内勉強会を開催しました。 当社の社内勉強会は、”勉強会”という名称を冠していますが、実は手続きや給与計算といった、知識や技術の勉強は「社内勉強会」では扱いません。最新の決算書や試算表を回し読みしながら、会社の経営の方針...

続きを読む »

2022-02-05

社会保険労務士法人アイプラスの経営理念

採用情報&当社の"ありかた"

経営理念 「対話」と「気付き」「ねがい」を「かたち」に 社会的な存在意義(社会性) 「社会性」とは、社会から必要とされる会社であるために、必要な”ありかた”のことです。 私たちは、「対話と気付き」を通じて、“立場や価値観”の違いや、“いまと未来”を「つなぎます」。(つなぐ) 経済的な存在意義(科学性...

続きを読む »

2022-02-01

当社の社内勉強会のテーマとは?

採用情報&当社の"ありかた"

当社は毎月第4金曜は社内勉強会の日としています。1月は28日が第4金曜日でしたので、28日は午後から半日を使って社内勉強会を開催しました。 当社の「社内勉強会」は、勉強会という名称を冠していますが、実は手続きや給与計算の技術の勉強は「社内勉強会」では扱いません。 (1)企業変革支援プログラムの読み合...

続きを読む »

2022-01-14

「教養の日」と「勉強会の日」~当社の人材育成

採用情報&当社の"ありかた"

2022年から午後半日を使った「勉強会の日」(毎月1回)と、隔月1回、終日を使った「教養の日」という取り組みをしています。 ちなみに、22年1月の教養の日は、「劇団四季のアラジン」を見に行きました。「教養の日」の時間は業務時間と定義していますので、費用は会社負担、給与は支給であり、福利厚生の一環であ...

続きを読む »

2020-09-16

開業間もない社労士さんに実務経験を積んでもらいたい~「社労士独立チャレンジ制度」を導入します

採用情報&当社の"ありかた"

開業間もない社労士さんに実務経験を積んでもらいたい~「社労士独立チャレンジ制度」を導入します...

続きを読む »

2019-08-14

当社が考える労働環境

採用情報&当社の"ありかた"

...

続きを読む »

アーカイブ

人事のことでお悩みがあればお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから のコピー

TEL:03-3791-1181 受付時間 9時30分~18時まで(土日祝日除く)

ご相談フォーム
  • アイプラスHRコンサルティング株式会社
  • 労働トラブル「事例と対策」
  • 賃金制度を見直す|社労士事務所の賃金制度改定応援サイト
  • 給与計算のアウトソーシング|中小企業のための給与計算
  • 社会保険労務士個人情報保護事務所 認証番号 第111246号

ページトップヘ