コラム・レポート

2019-08-08

過半数代表者の選出要件

民間調査機関の公表情報

過半数代表者の要件が今年4月1日からより厳格化されました。

これまでは、

① 管理監督者ではないこと

② 選出する人を明らかにし投票、挙手等の方法により選出すること

の2点が要点でした。ここに、

③ 使用者の意向に基づき選出されたものではないこと

という要件が追加されました。

背景には、過半数労働者を選出するにあたり、会社が指名するなど不適正な取り扱いが散見されたことがあります。

また、事業場の従業員で組織する親睦会の代表者をそのまま過半数代表者として締結された36協定を無効とする判断も示されています。(トーコロ事件)

実際には、会社指名による選出は2割を超えるという調査もあります。

これまできちっと手続きを踏んでいなかった会社は今後に備え、今までの選出方法を一度見直してみてはいかがでしょうか。

アーカイブ

人事のことでお悩みがあればお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから のコピー

TEL:03-3791-1181 受付時間 9時30分~18時まで(土日祝日除く)

ご相談フォーム
  • 賃金制度を見直す|社労士事務所の賃金制度改定応援サイト
  • 給与計算のアウトソーシング|中小企業のための給与計算
  • 事例で学ぶ労務管理研修
  • 労務監査&労働条件審査
  • 社会保険労務士個人情報保護事務所 認証番号 第111246号
  • ROBINS掲載事業者
  • ROBINS確認者

ページトップヘ