求人情報

「対話と気付き」で、すべての人と関わりあっていく仕事です

社会保険労務士法人アイプラスでは、企業の人事・労務に携わる業務スタッフを募集しています。経営者の良き相談窓口として活躍しませんか?

社会保険労務士の資格は不問です。また、社労士業界は未経験でも意欲がある方は大歓迎です。ルーチンワークでは満足できない方、もっと企業様に寄り添ったサービスがしたい方、是非当社にお越し下さい。

当社では企業様ごとに窓口を分担し、決められた手続き以外にも、経営者様・担当者様から様々な質問・相談をお受けしています。 担当として、企業様にとって良いと思うものは積極的に提案していただいてOKです。

「社会保険労務士事務所」や「人事の仕事」は分かりにくいものです。このページでは給与や福利厚生だけでなく、私たちの仕事に対する「ありたい姿」や「理念」についてもお伝えします。なお、求人概要は後半に記載しています。



私たちは「指導業」や「先生業」ではありません

求人概要/募集中職種一覧

当社は「対話からの気付きをシンプルなアクションにつなぐ」を経営理念としており、お客様との対話を大切にしています。「社労士」をはじめとする士業は敷居が高い印象がありますが、当社はいわゆる先生業や指導業ではありません。

お客様との対話に重きを置き、共に考え、学ぶ姿勢を大切にしています。「みんなでさまざまな視点から話し合い、その中でピッタリの解決策を探っていく」お客様と共に悩み・考える会社です。



「やりかた」だけでなく「ありかた」にも思いを巡らせる。「対話と気付き」 ~経営理念・社風について

経営理念・社風について 人に関する悩み事の正解は、お客様の心の中にあります。定石や他社事例も参考になる大切な情報ですが、最も大切なことは「どうありたいのか?」を見つけることだと考えています。

コンサルタントに「こうすべき」と言われても、どうも腑に落ちなかったり、士業の先生のように「法律で決まっているんだから」でも何か違う気がしますし、アウトソーサーのように「仰っていただいた通りにしますよ」でも困ってしまいます。

お客様の「ありかた」を表現するのが人事であり、他社事例では組織の本当の能力を発揮できません。 お客様のありかたを見つけるためには、「丁寧に対話をしていくこと」が外せないと考えています。
もちろん、対話と気付きの対象は、お客様だけではありません。社内のメンバー同士であっても声を掛け合い、意見を交わすことを大切にしています。



資格や書類は「手段」。大切なことは「お客様と向き合うこと」 ~仕事の特徴について

仕事の特徴について

私たちの仕事は、お客様へ積極的に働きかけ対話をしていくことが仕事です。

決められたとおりに情報が与えられ、書類に転記していくような「事務」の仕事ではありません。普段の手続をしていく中で、気になったことをお客様に伝えることや、顧問先企業の経営者様や人事担当者様のご意向を伺い、自分なりに考えた具体的な提案していくことが求められます。

お客様に満足いただくためには、人事の知識だけでなく幅広い知識や教養も求められます。また、対話をするためには、自分から意見を発信していくことが必要になります。
「書類を書いておしまい。」という仕事ではありませんので、決して楽ばかりではありませんが、お客様に「あなたに相談して良かった」と言われたときの達成感は、素晴らしいものです。



「体験にもとづいた共感」は、人間にしかできないこと 

マインドについて

人事業務のアウトソーサーであり、法律を扱う仕事ですので「正しい事務処理」は当然に求められます。しかし、事務処理だけができれば良いという訳ではありません。私たちが関わる、人や組織と関わる仕事は「単純に割り切れないこと」でもあり、お客様にとって「話しにくい内容」でもあります。

自分の苦い経験も率直にお客様にお伝えしたり、お客様の葛藤に共感することも私たちの大切な仕事であり、それは、他のだれも真似できない仕事です。多くの仕事がAIやロボットにとって代わられると言われますが「共感すること」は、人間にしかできないことだと考えています。

求人概要

募集職種一覧

社会保険労務士法人アイプラスでの仕事は、手続・給与計算系統の業務と、コンサルティングや研修の企画・開発系統の業務に大別されます。手続だけを見ていても、お客様と経営は語れませんし、実務を知らなければ運用できる現実的な人事制度を構築することは出来ません。これらはお互いに両輪の関係にありますので、経験の浅いうちは両方の業務を経験いただきます。経験を積んだら、「いずれかの専門性を伸ばしていく」「両輪をバランスよく伸ばしていく」「後進育成やマネジメントスキルを磨いていく」「独立開業を目指す」など、あなたが望むキャリアを伸ばしていくことができます。

また、短時間勤務のパート・アルバイトも募集しています。当社は「勤務時間中の発揮能力」と「フルタイムで働ける」ことは別問題であると考えており、フルタイム/パートタイムに関わらず同一労働同一賃金となっています。「子供を保育園に迎えに行くまで働きたい」「学校が終わった夕方に働きたい」など、勤務時間については柔軟に対応しています。



■給与計算・手続業務スタッフ(フルタイム・パートタイム)
■人事コンサルタント・研修企画(フルタイム・パートタイム)
■業務アシスタント(パートタイム)

待遇

待遇
勤務日 月~金 週5日(土日祝休み+年末年始4日程度)
休日 年間115日~120日(年間の祝日日数によって変動します)
2017年:119日、2018年:120日
勤務時間 9:00~18:00(実働8時間、休憩60分)
勤務場所 東京都目黒区中目黒2‒10‒16 中目黒ウィングビル6F
※転勤はありません。
東急東横線「中目黒駅」正面改札より徒歩7分
社内環境

職場も「お互いの対話」と「主体性」が重んじられる職場です。
「誰かがやってくれる」「指示を待つ」という受け身ではなく、
「こうしませんか?」「こうしましょう!」が奨励される職場です。

「嘘をつかない、見栄を張らない、間違ったら素直に謝る」ことが求められます。
黙って抱え込むより、「ちょっとピンチです。」「困ってます助けてください。」と素直に言える職場です。

・全体平均では20時間程度の残業あり。
(用事がある日などは帰れるがご自身で業務を調整してやりくりします。)
・上司がいるから帰れないという空気はありません。
・比較的行動面は自由な職場です。
・服装自由。代表社員も含め「○○さん」とさん付けが原則です。


給与計算・手続業務スタッフ

概要
業務内容 ・社会保険や雇用保険の手続き
・月次給与計算
・顧客からの相談応諾
・規程類の作成
・新規顧客訪問・見積り・請求管理
・助成金申請
※外出・同行は原則ありますが、本人の意向/経験も加味し決定します
給与待遇 月給19万~55万5000円
※能力・ご経験を当社の賃金規定に基づいて決定するため金額に幅があります。
応募資格 ・同業他社・社内での給与計算または手続き業務 いずれか必須(未経験NG)
(なるべく社会保険労務士とやりとりをしたことがある方。)


人事コンサルタント

概要
業務内容 ・賃金シミュレーション
・賃金制度の策定コンサルティング
・評価制度の策定コンサルティング
・就業規則の策定コンサルティング
・顧客からの相談応諾
・新規顧客訪問・見積り・請求管理
※原則として外出・同行は必須になります
給与待遇 月給19万~55万5000円
※能力・ご経験を当社の賃金規定に基づいて決定するため金額に幅があります。
応募資格 ・自社の評価制度・賃金制度等の制度設計の経験がある
・同業他社などでのコンサルティング経験がある
・(未経験の場合)コンサルタントを目指している意志があること


業務アシスタント

概要
業務内容 ・代表社員宛の電話・メール等の管理、不在時の代理応答
・アポイント・スケジュール調整(社内・社外)
・訪問先のルート検索
・資料整理・ファイリング
・会合の場所設定 など
※原則として外出・同行はなし
給与待遇 ※能力・ご経験を当社の賃金規定に基づいて決定するため金額に幅があります。
応募資格 ・秘書経験歓迎
・ブランクある方応相談
・タッチタイピング必須
・英語スキル/労務に関する知識は不要


能動的に考えられる・気配りができる(こんな方が向いています)

私たちは書類の作成・給与計算、労務相談、さらには自分自身の「ありかた」に対してお客様から報酬を頂戴しています。私たち自身が商品でありサービスであるという点は、企業の人事担当と大きく異なります。

このようなタイプの方が、この仕事に向いています。

・Eメールでのコミュニケーションが苦にならない方
・細かく指示されるよりもご自身の判断で仕事をしたい方
・考えたことを根拠をもって自分の言葉で発信することができる方
・ひとつひとつの文書にも気配り、心配りができる方

少数精鋭・声を掛け合う(チーム体制/組織構成)

当社は9名と少数精鋭の体制。雰囲気は明るく、気さくな仲間ばかりなので、何でも相談しあえる職場です。業務は誰か一人に偏らないように、声を掛け合い、負担も和らげられる環境作りを行っています。

誰かが出かけるときは「行ってらっしゃい」、帰社したときは「お帰りなさい」。誰かに相談するときは「話しかけてもいいですか?」と言っています。
これは、会社から強制されたものではなく、誰かが自発的に始めた「対話」と「気付き」の実践です。いまでは、この習慣が当たり前になりました。弊社は「すごいこと」ではなく、「いまから出来ること」を大切にしています。

対話のためにも、情報は公開・共有が原則

当社が大切にしている「対話」を実践するためには、情報公開・情報共有が欠かせません。

社会保険労務士法人アイプラスでは、同じ発見を何度も繰り返すことの無いよう情報共有のための仕組みを整備し、IT化の投資を行っています。また、顧問先の経営者の方と対話をしていくことが求められますし、売上・利益・費用は全社員の活動の結果と考えています。フルタイム・パートタイムに関わらず、全ての従業員に対して月次単位で、経理公開を行っています。

処遇・キャリア形成

入社後の仕事・キャリアについて ~基本を学んだのち専門性を伸ばす

入社後の仕事・キャリア

社会保険労務士法人アイプラスは「人事制度のコンサルティング事業」「社会保険手続き・給与計算のアウトソーシング事業」「教育研修事業」に分かれています。

基本的には、それぞれ3つの事業をひと通り経験していただいたのち、ご自身のご意向などに応じて、どの領域の専門性を伸ばしていくかを決めていきます。

評価・フィードバックについて ~四半期面談による振り返り

評価・フィードバックについて

社会保険労務士法人アイプラスは「どのように頑張ったら評価され、給料があがるのか」を明確にしています。

弊社では、フルタイム勤務・パートタイム勤務に関わらず、四半期面談を実施します。面談では、「過去3か月の自分の行動は、どうだったのか?」「次の3か月で、どのような挑戦をしたいのか?」を話し合っていきます。また、定期評価を半期ごとに行い、発揮された行動に応じて昇給・昇格の他、賞与額を決定していきます。

賃金・賞与について ~発揮能力が反映される昇給制度

賃金・賞与について

事務処理能力だけが高くても、お客様に満足いただける対話と弊社からのご提案が出来ません。弊社の賃金制度は「事務処理の知識・技術」の他に、「勤続年数」「コミュニケーションスキル」「同僚・後輩の指導力」などが上昇すれば昇給する仕組みとなっています。

弊社の賞与制度は「経営理念に沿った行動によって成果を出しているか?」「他人との比較ではなく、自分の”伸びしろ”をどの程度伸ばしたのか?」ことを重視した賞与制度になっています。

また、弊社では同一労働同一賃金を実現しています。フルタイム勤務・パートタイム勤務に関わらず、同じ基準で能力等を格付けし、同じ賃金テーブルで賃金を決定しています。

教育制度について ~人事に限らない、幅広い教養を身につける

教育制度について

「対話からの気付き」を実現するためには、どのようなテーマの話題にも対応ができ、幅広い知識や経験から本質を見極めることが必要になります。
お客様と深い会話をしていくためには、社会保険労務士としての知識だけでなく、幅広い知識と教養が必要となってきます。
そのため、社会保険労務士法人アイプラスでは職員の人材育成に力を入れています。

育成のテーマは、社会保険労務士事務所の職員として知っておくべき「事務手続き」や「労働基準法」の知識だけではありません。
「コミュニケーションスキル」や「経営戦略・マーケティング」「クリティカルシンキング」「ファシリテーション」「経営数字の理解」など、顧問先の経営者の方と対話をするために必要な「ヒト」「モノ」「カネ」「時間」「情報」に関する知識・技術を教育しています。

「外部研修」「資格取得支援」の他に、社内研修会を年間約40回開催しており、所定労働時間の5%~10%程度を人材育成の時間に費やしています。もちろん、社会保険労務士試験の合格を目指すための資格取得支援制度も整備されています。

採用に関するQ&A

よくあるご質問

よくあるご質問 採用面接の際に多く聞かれる質問をまとめました。

仕事の適性について

Q:難しそうな仕事ですが、私でも活躍できるのでしょう?

A:どんな仕事に興味がありますか?または、どんなことが得意ですか?当社では、あなたの「これがやりたい」を重視しています。
お客様の状況やタイミングをみて提案をしたり、正解がどこにも書いてないことを聞かれたりするお仕事もありますので、「自分で考える」「間違っていても、自分なりの意見をまずは伝える」ことが大切です。
もちろん、意見を言えるようになるためには経験も必要です。意見を言いやすい環境を常に目指し、自分の考えをまとめ、相手に伝える技術の研修も実施しています。あなたの「やりたい」と「自分なりに考え、相手に働きかける意欲」があれば活躍できる職場です。

Q:私にはどんなことができるのかわかりません

A:まずは、マニュアルや過去の資料を見ながら次の資料を準備したり、スケジュールをチェックして今日必要なことを準備したり、スキャンしたり、法律の下調べをしたり、電話対応をしたり、、、みんな「初体験」からスタートしてますので、一歩ずつ「できること」を増やしていきましょう。

Q:研修の講師ならやってみたい。話すだけでいいんでしょ?

A:相手があってこその研修ですので「話すだけでOK」というわけではなく、日ごろの経験や話す内容についての基礎知識は必要ですが「話したい!」という意欲を重視します!現在のスキルに合わせて、実践や研修を通じてスキルアップしてください。

Q:向いていない人はいますか?

A:ごめんなさい。このような方は当社には向きません。

1.履歴書の写真をきちんと貼れない方
履歴書は、採用のときには自分にとって最重要な書類ではないでしょうか。
それをおろそかにする方は、お客様に納品する書類や明細についても、おろそかにしてしまうのではないかと考えてしまいます。

2.志望動機がいえない方
当社では考え方が間違ってしまうこと、一生懸命した結果失敗することは否定しませんが、自分の意思を持たない人はNGです。
「間違っていたとしても自分の言葉で自分の考えを言えること」これを大切にしています。

3.分からないことを、「分からない」と正直に言えない方
経験者であっても携わってきた仕事内容は異なると思います。当社では「経験者なのに知らないのか」と言うことはありません。
知ったかぶりをしてしまったり、遠慮してしまうことはよくありますし、その気持ちも分かります。
お客様の前では、安直に「分かりません」と言うべきではありませんが、少なくとも社内では得手不得手を知り、お互いの力量を知ることによって、全体で効率よく仕事をしていきたいと考えていますので、正直に何が分からないか教えてください。

過去の経験について

よくあるご質問:過去の経験について

Q:自分から提案をするような仕事をしたことが無いのですが、仕事についていけるのでしょうか?

A:指示を受けて仕事をする仕事が長かった方が入社した直後は、自分なりに考えて動くという仕事の進め方に驚き、戸惑われる方が多いですが時間と共に慣れておられます。
また、自分で考えて仕事を完成させたときや、自分の考えた提案でお客様に感謝されたときの達成感は、指示を受けて行う仕事では味わえない格別な達成感があり病みつきになります。未経験であっても、ご自身の意欲があれば大丈夫です。

Q:営業職しかしたことがありません。事務職は初めてですが大丈夫でしょうか?

A:大歓迎です!営業職の仕事は「あなたから買いたい」とお客様から思っていただけることだと思います。
一方、事務職では「誰がやっても同じ結果になる」ということが求められます。「あなただけ」と「誰がやっても同じ」の違いが、大きな変化だと思いますが、営業職での経験は必ず役に立ちます。
お客様への提案活動やコミュニケーションの場面では、あなたの個性を発揮していただくことができますし、事務職の仕事は「結果は誰がやっても同じ」ですが、次に作業する人を思いやる仕事です。もちろん、書類の揃え方や書き方という点では、事務職としての作法を学んでいってください。

Q:今まで名刺交換したことないのですが、そこからでも大丈夫でしょうか??

A:いきなり、お客様と名刺交換をする場面はありませんから安心して下さい。同僚と気が済むまで練習できます。
仮に新人が名刺交換に失敗したからと言って、それだけでクレームを入れるようなお客様であれば、弊社からお取引をお断りしますし、いまのお客様の中に、そのような取引先はありません。

スキルアップについて

よくあるご質問:スキルアップについて

Q:覚えることって沢山ありますか?

A:はい。たくさんあります。でも、ひたすら暗記したり、とにかく詰め込んで覚えるような内容でもありません。
少し日本語が難しくなりますので、興味がなければなかなか頭に入らないかもしれませんが、興味があれば、さまざまな分野に携わることができ、本を読んだだけでは身に付かないことを学ぶことができます。

「法律のことで、お客さまとお話ができるようになったが、経営の話にまで踏み込んで話が出来なかった。次は経営数字について話ができるようになりたい!」など意欲を持って挑戦をしている社員がたくさんいる環境です。

Q:社労士の資格を取得したいのですが、資格取得を支援してもらえますか?

A:当社は、社会保険労務士の資格取得に必要な費用を補助する資格取得支援制度を整備しています。働きながら社会保険労務士を目指すことも可能です。

働き方について

よくあるご質問:働き方について

Q:残業はどの程度あるのでしょうか?

A:他の社労士事務所と同様に年末や年度更新・算定に時期は忙しいのですが、それ以外の時期は固定残業時間(20時間)に収まる範囲で仕事をしてもらっています。
(固定残業時間制度についても、廃止の方向で検討を進めています。)

Q:出産・育児になっても、働き続けることはできるのでしょうか?

A:当社では長く働いていただくことを重視しています。在宅ワークやテレワークが出来るようIT環境を整備しています。

Q:長く続けられる仕事なのでしょうか?

A:はい。技能がものを言う世界ですので、業界全体で見ても経験者をとても大切にする業界です。
他の業界と比べて長く働き続けやすい業界であると思います。当社でも長く働き続けられるよう、正社員とパートといった勤務時間ではなく、発揮している能力で賃金を決めていたり、在宅ワークや時差出勤など働き続けやすい環境づくりを進めています。

職場環境について

よくあるご質問:職場環境について

Q:社内の厳しい決まりとかありませんか?

A:「社内の厳しい決まり」とは、どのようなものでしょう?「上司が来たら必ず立って挨拶する」「休憩時間以外は飲み物を飲んではいけない」などでしょうか?おそらく「誰かが過ごしやすいように」「誰かが気持ちがよいように」決められたものだと思います。
しかし、その決まりが仕事のためではなく、「偉い人」のためだけとなってしまったら「厳しい決まり」と感じるのではないでしょうか。

当社では「誰かが仕事がしづらい」ならば、どうすれば「全員が仕事をしやすいか」を考えて、それがルールにしていきます。
「偉い人のため」であったり「特定の人だけが我慢しなければならない」とういうことではなく、「みんなが働きやすくなるにはどうすれば良いのか?」という基準で、みんなで考えてルールにしていきます。
…もちろん「使ったものを元の場所に戻す」「ファイリングのルール」といったご作法のルールはあります。これが無ければ、誰もフォローできません。「同じルールで業務をしているからこそ、突然誰かが休んでも他の誰かがフォローすることができる」を目指しています。

Q:「女性が多い職場」って、なんだか怖いイメージですが派閥などあるのですか?

A:決してそんなことはありません。理念や考え方に共感している人が働いていますし、みんな本音が優しい人しかいません。
社会保険労務士事務所の仕事は、時間・期限に迫られる仕事もありますし、突発的に量が多くなる仕事もあり、みんなで協力しなくては出来ない仕事です。

「みんなで協力する」ということは、「私にできること」を精一杯やることだと考えています。「私にできること」は人それぞれ違うものですので、当社では、お互いが「私にできること」を理解しあい活かしあっています。そもそも、社会保険労務士事務所で働きたいと思っている方は、「誰かの役に立ちたい」という気持ちのある人だと思いますので、協力を妨げるような派閥争いは決してありません。

Q:単調な仕事が多くてつまらなそう

A:単調な仕事ばかりではありません。むしろ、変化が多いからこそ続けていける仕事です。

Q:いろいろなことに挑戦したいけど、結局上司にボツにされるんでしょ?

A:いえ、むしろ「えっ、このままでいいの?」と思うことが多いかもしれません。
お客様から聞かれることが「何を見ても答えが書いていない」ことであれば、なおさら、上司であっても「答えが決まっていない」のです。
あなた自身と、隣に座っている同僚では、これまでの人生経験も価値観も違っていて当然です。どちらが正しいわけではなく「この場面では、どちらをお客様が求めているか?」という基準で判断をしていきます。

雇用形態や処遇について・その他

よくあるご質問:雇用形態や処遇について・その他

Q:パートで働きたいのですが、どのような仕事になるのでしょうか?

A:基本的に社員とほとんど変わりありません。評価・処遇も社員と同じです。ただし在社時間が絶対的に短いので「現時点でお持ちのスキル」を中心にお仕事をお願いすることが多いかもしれません。
例えば、PowerPointが得意なら、資料作成を中心としたお仕事をお願いしますし、給与計算の経験をお持ちでしたら給与計算の補佐を中心にお願いすることになります。

Q:お給料はあがっていきますか?

A:お給料は当社の賃金制度に基づいて上がったり場合によっては下がったり(ただし前例はありません)します。
勤続給・技術給・顧客接点給・指導給に主に分かれており、技術(=知識を活かした実務)は勤続しできる実務を増やすことで上がっていきますし、顧客接点給は半人前であっても担当するお客様ができれば評価されます。
勝手に上がっていくものではありませんが、みんなで、技量をあげお給料も上げていくことを目指しています。

Q:とにかく不安がいっぱい!

A:何が不安なのか一緒に具体的に考えましょう。多くのことは「自分が何とかするしかない」のではないでしょうか?もし「会社が○○さえしてくれれば」と思うことがあるなら、ぜひ解決策を一緒に考えていきましょう。「やりたい」と思うことを重視します。

人事のことでお悩みがあればお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから のコピー

TEL:03-3791-1181 受付時間 9時30分〜18時まで(土日祝日除く)

ご相談フォーム

ページトップヘ