コラム・レポート

2021-12-20

助成金ワンストップ説明会&業務改善助成金の拡充に関する案内

厚生労働省の公表情報

東京労働局主催で、令和3年9月15日に開催された「助成金ワンストップ説明会」動画等が、東京労働局公式YouTubeチャンネルに掲載されました。(以下、掲載された動画のURL一覧です)

業務改善助成金の拡充について

また、現在国会で審議中の補正予算案では、業務改善助成金の大幅な拡充が予定されています。(令和3年度補正予算要求額135億円)変更の内容は以下のとおりとなっています。

【目的】

 最低賃金の引上げに向けた環境整備を図るため、事業場内で最も低い賃金(事業場内最低賃金)の引き上げを図る中小企業・小規模事業者の生産性向上に向けた取組を支援する。

現行制度特例的な拡充
基本的考え方生産性向上に資する設備投資等(機械設備、コンサルティング、人材育成等)を行った場合にその費用の一部を助成する。
(設備投資等の範囲の拡充(R3.8.1~))コロナ禍で特に業況が厳しい事業者に限り、一部の自動車、PC等を対象として認める。
コロナ禍で売上高等が30%以上減少している事業者が、事業場内最低賃金を30円以上引き上げた場合に、特例的に範囲を拡大する。

(特例として助成対象費用として計上されるものの例)
・広告宣伝費
・執務室の拡大、机、椅子等の増設
・汎用事務機器購入費 等
※ただし、特例で認める費用については、生産性向上に資する設備投資等の額を上回らない範囲とする。
対象事業場以下の要件をすべて満たす事業場
・事業場内最低賃金を一定額以上引き上げること
・事業場内最低賃金と地域別最低賃金の差額が30円以内であること
・事業場規模100人以下であること

以下の要件をすべて満たす事業場
・前年又は前々年同期比較で売上高や生産量等の指標が30%以上減少していること。
・事業場内最低賃金を、令和3年7月16日から同年12月までの間に30円以上引き上げること。
助成率3/4
助成上限額人数によって異なる100万円

現行の助成額

20円30円45円60円90円
1人20万円30万円45万円60万円90万円
2~3人30万円50万円70万円90万円150万円
4~6人50万円70万円100万円150万円270万円
7人以上70万円100万円150万円230万円450万円
10人以上(※)80万円120万円180万円300万円600万円
(※)事業場内最低賃金900円未満の事業場又は売上高や生産量等の指標が前年又は
前々年同期に比べて、30%以上減少している事業者に限る

助成金ワンストップ説明会

〇9月15日助成金ワンストップ説明会・冒頭説明

〇業務改善助成金(基本部分)

〇業務改善助成金(8月・10月改正部分)

〇キャリアアップ助成金

〇人材確保等支援助成金


本記事は情報・記載内容は正確を期して提供し、誤りがないよう注意・確認の上、編集されていますが、不完全な記述や誤植が含まれる場合があります。

これらのコンテンツに記載された情報の完全性・正確性および利用結果について完全なる保証を与えるものではございませんので、ご利用は自己責任でお願いいたします。
なお、本記事において引用している行政機関等の発表内容に対するご質問は、発表元に直接お問い合わせ下さい。

アーカイブ

人事のことでお悩みがあればお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから のコピー

TEL:03-3791-1181 受付時間 9時30分~18時まで(土日祝日除く)

ご相談フォーム
  • アイプラスHRコンサルティング株式会社
  • 労働トラブル「事例と対策」
  • 賃金制度を見直す|社労士事務所の賃金制度改定応援サイト
  • 給与計算のアウトソーシング|中小企業のための給与計算
  • 社会保険労務士個人情報保護事務所 認証番号 第111246号

ページトップヘ