コラム・レポート

2017-01-31

年金受給者の現況届提出の際の必要書類が変わります。

行政等の公表情報

これまで日本年金機構は、住民基本台帳ネットワークシステムにより、健在かどうか確認できない方には、

「年金受給権者現況届」(現況届)の提出によって、健在である確認をしていました。

 

年金を受けている方が、年金を引き続き受け取るためには、この現況届を毎年、

受給者本人の誕生月の末日までに日本年金機構に提出する必要があります。

 

平成29年2月に日本年金機構より送付される現況届からは、提出の際には、

住民票の添付またはマイナンバーの記入が必要となりました。(誕生月が2月の方から、順次、対象としています。)

 

詳細はこちらをご覧下さい。

http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/tetsuduki/kyotsu/20140421-11.html

人事のことでお悩みがあればお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから のコピー

TEL:03-3791-1181 受付時間 9時30分~18時まで(土日祝日除く)

ご相談フォーム
  • 賃金制度を見直す|社労士事務所の賃金制度改定応援サイト
  • 給与計算のアウトソーシング|中小企業のための給与計算
  • 気付き日報
  • Human Innovation
  • 社会保険労務士個人情報保護事務所 認証番号 第111246号
  • ROBINS掲載事業者
  • ROBINS確認者

ページトップヘ