コラム・レポート

2019-07-01

厚生労働省が平成30年度の過労死等の労災補償状況を公表しました。

厚生労働省の公表情報

過労死等の労災補償状況とは、過重な仕事が原因で発症した脳・心臓疾患や、仕事による強いストレスなどが原因で発病した精神障害の状況について労災請求件数や「業務上疾病」と認定し、労災保険給付を決定した支給決定件数を取りまとめたものです。

 

状況報告によると、脳・心臓疾患に関する事案の労災補償状況、精神障害に関する事案の労災補償状況において、共に労災請求件数が昨年より増加していることが報告されていますが、請求件数に対し、支給決定件数(請求のうち業務上と認定されたもの)は減少しています。参考(厚生労働省 報道発表資料https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_05400.html)

 

詳細なケースが分からない為一概には言えませんが、支給決定件数が下がってるということは、「働き方改革」が意識され始め、これまで状況から少しずつ改善する方向に動いているのかもしれません。

 

先月には、女性の職業生活における活躍の推進に関する法律等の一部を改正する法律案が成立し、パワハラ防止措置が義務化されることになりました。

 

貴社ではどのような「働き方改革」を行っていますか?

 

弊社では、職場の風通しを良くするコミュニケーションの取り方や、ハラスメントにならない叱り方など、お悩みに応じたコミュニケーションセミナーをご提案しております。

ご興味のある方は是非お気軽にお問い合わせ下さい。

アーカイブ

人事のことでお悩みがあればお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから のコピー

TEL:03-3791-1181 受付時間 9時30分~18時まで(土日祝日除く)

ご相談フォーム
  • 賃金制度を見直す|社労士事務所の賃金制度改定応援サイト
  • 給与計算のアウトソーシング|中小企業のための給与計算
  • 事例で学ぶ労務管理研修
  • 労務監査&労働条件審査
  • 社会保険労務士個人情報保護事務所 認証番号 第111246号
  • ROBINS掲載事業者
  • ROBINS確認者

ページトップヘ