コラム・レポート

2019-01-07

20代のワークルールに関する調査が実施され、その結果が公表されました。

厚生労働省の公表情報

20代のワークルールに関する調査が実施され、その結果によると実に、20代の64.1%が働くときに必要な法律や決まりごとについて学習する機会がなかったと回答しています。

では学習機会があった35.9%の人はどこで学習したのでしょうか。調査によると、

1位:学校(52.4%)

2位:勤務先(42.3%)

3位:アルバイト先(22.6%)

となっています。

また、全体的にどんなワークルールが知りたいかというと、

1位:給料(65.5%)

2位:労働時間(56.7%)

3位:休日・有給休暇(54.8%)

4位:就業規則(54.4%)

となっています。

法律などのワークルールを知ることは自分を守る術を知っているということ。でも機会がないと難しいものです。

もしかしたら余計な知恵をつけたくないと思う経営者の方もいらっしゃるかもしれません。

しかしルールを守れない会社に人は集まらない時代です。経営者も従業員も最低限の正しいワークルールを知って働きやすい環境にしていきたいですね。

アーカイブ

人事のことでお悩みがあればお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから のコピー

TEL:03-3791-1181 受付時間 9時30分~18時まで(土日祝日除く)

ご相談フォーム
  • 賃金制度を見直す|社労士事務所の賃金制度改定応援サイト
  • 給与計算のアウトソーシング|中小企業のための給与計算
  • 事例で学ぶ労務管理研修
  • 労務監査&労働条件審査
  • 社会保険労務士個人情報保護事務所 認証番号 第111246号
  • ROBINS掲載事業者
  • ROBINS確認者

ページトップヘ