コラム・レポート

2019-07-19

年に4回の賞与の支払いがあったら

社会保険&労働保険 人事管理&賃金

とある大きな会社様で、賞与を年4回支給を検討していくといった報道がされていますが、実際に年4回賞与が支払われるとどういった対応が必要になるのでしょうか。

賞与支給のある会社様の多くでは年3回以下の支給だと思います。その場合は支払いがあったらすみやかに『賞与支払届』を年金事務所へ提出することになっています。仮に届出が漏れていると、年金事務所がおこなっている社会保険の調査などで発覚した場合に、過去に遡って納付する必要があります。

さて、本題の『年に4回賞与が支給』されたときはどうなるか、こちらの「健康保険法及び厚生年金保険法における賞与に係る報酬の取扱いについて」
https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T180731S0010.pdf
の別添1の1.報酬の範囲内(1)には支給実態がつぎのいずれかに該当する場合は、当該賞与は報酬に該当すること、とあります。

ア) 賞与の支給が、給与規定、賃金協約等の諸規定によって年間を通じ四回以上の支給につき客観的に定められているとき
イ) 賞与の支給が七月一日前の一年間を通じ四回以上行われているとき

そのため、毎年7月に行なう算定基礎届のお手続き時に、7月1日を起算日としてその前1年間に支払われた賞与額の「12分の1」を月額賃金に加算する必要があり、この場合賞与支払届の提出は不要となります。

ただし、年4回の支給にあたっては以下のような注意事項があります。

①年4回支給されることが、就業規則や賃金規程に定められている
②「性質が同じ賞与」が年4回支給(インセンティブ賞与と決算賞与などは性質が別)
③算定や随時改定の際に、賞与額を反映させた賃金で手続きを行う

なお会社都合でたまたま4回目の支給があった場合は通常通り、賞与支払届を届出ます。

年に4回が確定している場合は、いくつかの対応が3回以下の場合と異なりますので注意が必要です。この先日本国内で賞与が年4回支給となる会社様が増えるんでしょうか…?

アーカイブ

人事のことでお悩みがあればお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから のコピー

TEL:03-3791-1181 受付時間 9時30分~18時まで(土日祝日除く)

ご相談フォーム
  • 賃金制度を見直す|社労士事務所の賃金制度改定応援サイト
  • 給与計算のアウトソーシング|中小企業のための給与計算
  • 事例で学ぶ労務管理研修
  • 労務監査&労働条件審査
  • 社会保険労務士個人情報保護事務所 認証番号 第111246号
  • ROBINS掲載事業者
  • ROBINS確認者

ページトップヘ