コラム・レポート

2018-10-29

雇用保険の教育訓練給付

行政等の公表情報

H31年4月から、雇用保険の教育訓練給付の対象講座や給付率が拡充されます。 専門実施教育訓練は、来春新設される専門職大学や国家資格の4年課程等を対象講座に追加されるもようで、 給付上限の引き上げに関しては現在審議中です。 一般教育訓練はキャリアアップ効果の高い講座に限り、給付率を現行の2割から4割に引き上げることが 閣議決定されていて、4割の対象となる講座や給付設計については現在審議中です。 年内を目途に決定される予定となっています。...

続きを読む »

2018-10-26

「電子マネーで給与」を検討

行政等の公表情報

労働基準法は賃金について、 「通貨で直接労働者に全額を毎月1回以上、一定期日を定めて支払わなければならない」と定めています。現金の支払いが原則で、労働者の同意を得た場合は例外的に銀行口座や証券総合口座へ入金できるとしています。 企業が従業員に支払う給与について、厚生労働省が電子マネーでの支払いも可能...

続きを読む »

2018-10-25

雇い止め無効から考える~労働契約の解消について

行政等の公表情報 労務管理のQ&A

有期労働契約からの「無期転換ルール」を定めた改正労働契約法の施行から5年が経った今年2018年4月より、無期転換の対象となる労働者が生じています。無期転換ルールの対象となる直前に契約を更新しない「雇い止め」をしたために、トラブルになる事案が出ています。   「雇い止め」ってなんだかご存知でしょうか?...

続きを読む »

2018-10-24

平成30 年「就労条件総合調査」

調査・レポート

厚生労働省より平成30年「就労条件総合調査」の結果が公表されました。   【就労条件総合調査】 この調査は、主要産業における企業の労働時間制度、賃金制度等について総合的に調査し、民間企業における就労条件の現状を明らかにすることを目的とした調査です。   【対象】 常用労働者30 ...

続きを読む »

2018-10-22

賃金不払残業

行政等の公表情報

厚生労働省は、平成29年度の監督指導による賃金不払残業の是正結果を公表しました。   ・是正を受けた企業数は前年度比521社増の1870社 ・支払われた割増賃金の平均額は、1企業あたり2,387万円、労働者1人あたり22万円 ・遡及支払の対象労働者は、前年度から10万7,257人増の20万...

続きを読む »

2018-10-19

11月は「過労死等防止啓発月間」

行政等の公表情報

 厚生労働省では、11月を「過労死等防止啓発月間」と定め、過労死等をなくすためにシンポジウムやキャンペーンなどの取組を行っています。この月間は「過労死等防止対策推進法」に基づくもので、過労死等を防止することの重要性について国民に自覚を促し、関心と理解を深めるため、毎年11月に実施されています。  月...

続きを読む »

2018-10-18

平成29年派遣労働者実態調査の結果

行政等の公表情報

平成30年10月17日、厚生労働省より「平成29年派遣労働者実態調査」の結果が公表されました。   2年後の2020年4月より、働き方改革関連法が施行され、「正規雇用労働者と非正規雇用労働者の間の不合理な待遇差が禁止」されます。 調査結果実態を知り、働き方改革関連法の対応に活かしてください。   ▼...

続きを読む »

2018-10-17

高度プロフェッショナル議論 本格スタート

プレスリリース

厚生労働省は15日、労働政策審議会の分科会を開き、「高度プロフェッショナル制度」の議論を本格的にスタートしました。   ・高度プロフェッショナル制度とは 時間ではなく成果で評価される働き方を希望する労働者のニーズに応え、その意欲や能 力を十分に発揮できるようにするため、一定の年収要件を満た...

続きを読む »

アーカイブ

人事のことでお悩みがあればお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから のコピー

TEL:03-3791-1181 受付時間 9時30分~18時まで(土日祝日除く)

ご相談フォーム
  • 賃金制度を見直す|社労士事務所の賃金制度改定応援サイト
  • 給与計算のアウトソーシング|中小企業のための給与計算
  • 事例で学ぶ労務管理研修
  • 労務監査&労働条件審査
  • 社会保険労務士個人情報保護事務所 認証番号 第111246号
  • ROBINS掲載事業者
  • ROBINS確認者

ページトップヘ