コラム・レポート

2016-03-24

平成28年3月新規学校卒業者の求人初任給調査結果

調査・レポート

 都内各公共職業安定所が受理した平成28年3月中学校・高等学校・短大(高専を含む)・大学(大学院)・専修学校等卒業者に対する学卒求人の初任賃金状況を調査し取りまとめたものです。 ▼産業別求人初任給格差     ・大学大学の求人初任給は 203,000円(前年比 0.3%増加)最も高い求人初任給は、産業別では[宿泊業、飲食サービス業]の 220,000円(同同額)    ・短  大短大の求人初任給は 188,500円(前年比 0.3%減少)最も高い求人初任給は、産業別では[宿泊業、飲食サービス業]の 200,300円(同 1.4%増加)         ・専  修専修の求人初任給は 187,500円(前年比 0.3%減少)最も高い求人初任給は、産業別では[不動産業、物品賃貸業]の 200,000円(同同額)        ・高  校 高校の求人初任給は 170,000 円(前年比 1.0%増加)最も高い求人初任給は、産業別では[建設業]の 180,000円(同同額)    詳細はこちらをご覧ください。http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhl...

続きを読む »

2016-03-18

高齢者雇用意識調査

調査・レポート

「改正高年齢者雇用安定法」の施行から3年。各社の対応を伺ったところ、74%が「定年後の継続雇用制度の導入」と回答されました。エン・ジャパン株式会社が運営する「エン 人事のミカタ」上でサイトを利用している企業の人事担当者を対象に行った「高齢者雇用」について調査結果を報告します。   ・改正高...

続きを読む »

2016-03-16

労働経済動向調査(平成28 年2月)の結果

調査・レポート

厚生労働省より労働経済動向調査(平成28 年2 月)の結果が公表されました。  生産・売上額等、所定外労働時間、正社員等雇用の状況(平成28 年1~3月期実績見込)については、以下の通りです。   (1) 生産・売上額等判断 「調査産業計」で6ポイント。主要産業別にみると「製造業」(+6)...

続きを読む »

2016-02-18

平成27 年「賃金構造基本統計調査」の結果

調査・レポート

厚生労働省より、平成27年「賃金構造基本統計調査」の結果が公表されました。 「賃金構造基本統計調査」は、全国の主要産業に雇用される労働者の賃金の実態を、雇用形態、就業形態、職種、性、年齢、学歴、勤続年数、経験年数別等に明らかにすることを目的として、毎年7月に実施しています。ポイントとしては、男女計3...

続きを読む »

2015-08-07

平成26 年「労使コミュニケーション調査」

調査・レポート

厚生労働省が発表した、平成26 年「労使コミュニケーション調査」によると、労使関係が「安定的」と認識している事業所は86.9%、労使コミュニケーションが「良好」と認識している労働者は53.5%となっています。  また、労使それぞれが重視するコミュニケーション事項(複数回答)についてみると、事業所は、...

続きを読む »

人事のことでお悩みがあればお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから のコピー

TEL:03-3791-1181 受付時間 9時30分~18時まで(土日祝日除く)

ご相談フォーム
  • 賃金制度を見直す|社労士事務所の賃金制度改定応援サイト
  • 給与計算のアウトソーシング|中小企業のための給与計算
  • 事例で学ぶ労務管理研修
  • Human Innovation
  • 社会保険労務士個人情報保護事務所 認証番号 第111246号
  • ROBINS掲載事業者
  • ROBINS確認者

ページトップヘ