副業と割増賃金

1日8時間を超えたときに割増賃金を支払うことは誰もが知っています。

それでは、自社では8時間勤務であるが、仕事を掛け持ちをしており、副業を含めて8時間を超える場合は、割増賃金の支払いは必要になるのでしょうか?

今回は時間外労働の意外な落とし穴について、お話をしていきます。

 

 

 

最新のコラムや法改正情報はコーポレートサイトで公開しています。

 

Youtubeで労務管理のワンポイントアドバイスを紹介しています。チャンネル登録もお忘れなく!