退屈にならない工夫

当社の研修・セミナーは「法律の話はよくわからない」「研修は退屈でつまらないもの」と思われないような工夫を凝らしています。

 

1科目は2時間

研修は1科目2時間に特化しています。集合研修は1日以上の拘束されることになりますので、「新任管理職研修」や「新入社員研修」など重要な研修を優先的に開催されがちであり、労務やコミュニケーションに関する研修は後回しとせざるを得ません。そのため、当社の研修は主要な研修の前後に付け加える形で提供できるよう、1科目2時間で設計されています。

もちろん、自社に必要な2時間の研修を4コマ組み合わせて8時間の研修とするなど、柔軟度の高い研修を設計することができます。

 

対話型・ワークショップ型の労務研修

労務研修と聞くと、講義形式で敷居の高い話を聞き続けるイメージを持たれがちですが、研修は「理解して・現場で使える」ことが満たされないと意味がないと考えています。

当社の研修・セミナーは具体的な事例を交えたケーススタディーや、参加者同士で議論を行うワークショップ形式で設計されています。身近な事例を通じて学ぶことで、人事の専門家でなくても人事労務の概念を抵抗感なく学ぶことができます。

 

カスタマイズ可能な研修

労務管理もコミュニケーションも「自分のこと」と共感できると学びの効率が上がります。また、管理職と一般の社員では労務トラブルやコミュニケーションの経験も異なります。自社の商慣習や業界に合わせて内容を変更したり、参加者のレベルに応じたカスタマイズをすることが可能です。
(※カスタマイズには別途カスタマイズ料金を申し受けます)

 

労務管理とコミュニケーション研修専門

社会保険労務士事務所の特長を活かし、日常の職場の人間関係や生産性に大きく影響を与える労務管理の研修に特化しています。
また、労務管理の知識を振りかざしても職場の秩序は維持できません。人間関係や信頼関係の基礎となるコミュニケーションのスキルの習得に特化しています。

研修会社ではなく社労士事務所でなければできない「専門的なテーマ」を、研修会社ならではの「楽しく学べる」形式で研修・セミナーを提供しています。