コラム・レポート

2019-10-25

「転勤」に関する意識調査

民間調査機関の公表情報 人事制度&賃金制度

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社が運営する日本最大級の総合転職支援サービス『エン転職』上で、ユーザーを対象に「転勤」についてアンケートを実施した結果が公表されていました。

「転勤は退職を考えるキッカケになりますか?」と伺ったところ、64%が「なる」と回答しています。年代別にみると、若手になるにつれ影響度が大きいようで、男女別にみると、男性より女性がキッカケになることが分かりました。
「これまでに、転勤を理由に退職したことはありますか?」と伺うと、「退職したことがある」は5%に留まり、年代が上がるにつれ、退職割合が高まっています。男女別では、女性よりも男性が退職経験が多いようです。

今後、転勤辞令が出た場合の対処法を伺ったところ、63%が「承諾する」と回答し、男女別にみると、女性より男性が承諾する割合は高いようです。

「条件付きで承諾する」と回答のうち、承諾条件のトップ3は「家賃補助が出る」「昇進・昇給がある」「転勤期間が決まっている」でした。年代別で10ポイント以上差が出たのは「転勤先を選択できる」、男女別で10ポイント以上差が出たのは「単身赴任手当がある」「やりたい仕事ができる」  「転勤先を選択できる」でした。

「条件に関係なく転勤を拒否する」と回答した方の理由として、トップ3は「配偶者も仕事をしているから」「子育てがしづらいから」「親の世話・介護がしづらいから」でした。年代別にみると、20代は「新しい土地に慣れることが大変だから」30代は「子育てがしづらいから」40代以上は「親の世話・介護がしづらいから」がそれぞれ最多でした。年代が上がるにあたり、子育てや親の介護など家庭環境も大いに影響するようです。男女別で結果をみたところ、男性は「親の世話・介護がしづらいから」女性は「子育てがしづらいから」がそれぞれ最多でした。

サイトには詳細なグラフを用いた割合が記載されており、調査報告として「転勤してよかったこと」の記載もありますので、ぜひご覧くださいませ。

https://corp.en-japan.com/newsrelease/2019/19867.html

 

アーカイブ

人事のことでお悩みがあればお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから のコピー

TEL:03-3791-1181 受付時間 9時30分~18時まで(土日祝日除く)

ご相談フォーム
  • 賃金制度を見直す|社労士事務所の賃金制度改定応援サイト
  • 給与計算のアウトソーシング|中小企業のための給与計算
  • 事例で学ぶ労務管理研修
  • 労務監査&労働条件審査
  • 社会保険労務士個人情報保護事務所 認証番号 第111246号

ページトップヘ