コラム・レポート

2018-07-05

労働安全衛生法:「安全帯が墜落制止用器具に変わります」

行政等の公表情報 法改正情報

厚生労働省は、建設業等の高所作業において使用される「安全帯」について、改正を行うとともに、安全な使用のためのガイドラインを策定したことを発表しました。

 

改正のポイントは3つです。

【1】安全帯を「墜落制止用器具」に変更します。

【2】墜落制止用器具は「フルハーネス型」を使用することが原則となります。

【3】「安全衛生特別教育」が必要です。

 

【1】「墜落制止用器具」として、従来の安全帯3種「胴ベルト型(一本つり)」、「胴ベルト型(U字つり)」、「ハーネス型(一本つり)」のうち、「胴ベルト型(U字つり)」が認められなくなります。

また、現行の構造規格も変更となります。現在の構造規格の安全帯を使用できる猶予期間は2022年1月1日までとなっておりますので、購入にご留意ください。

 

詳細は、下記をご覧ください。

https://www.mhlw.go.jp/content/000306895.pdf

アーカイブ

人事のことでお悩みがあればお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから のコピー

TEL:03-3791-1181 受付時間 9時30分~18時まで(土日祝日除く)

ご相談フォーム
  • 賃金制度を見直す|社労士事務所の賃金制度改定応援サイト
  • 給与計算のアウトソーシング|中小企業のための給与計算
  • 事例で学ぶ労務管理研修
  • 労務監査&労働条件審査
  • 社会保険労務士個人情報保護事務所 認証番号 第111246号
  • ROBINS掲載事業者
  • ROBINS確認者

ページトップヘ