コラム・レポート

2020-12-16

「労働経済動向調査(2020年11月)の概況」が公表されました

厚生労働省の公表情報

厚生労働省より「労働経済動向調査(2020年11月)の概況」が公表されました。

労働経済動向調査は、景気の変動が雇用等に及ぼしている影響や今後の見通し等について調査し、労働経済の変化や問題点を把握するため、2月、5月、8月及び11月の四半期ごとに実施しているものです。

https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/keizai/2011/

今回の11月の調査では、

■働き方改革の取組
(1) 長時間労働の是正や多様で柔軟な働き方の実現への取組
(2) 同一労働同一賃金など、雇用形態による待遇差の解消又は縮小に向けた取組

■ 事業の見直しと雇用面での対応状況
(1) 事業の見直しの実施状況
(2) 事業の見直しの方法
(3) 事業の見直しに伴う雇用面での対応状況

の調査が報告されています。

今回の調査によると、2020年10~12月期の実績見込をみると以下の傾向になっていました。

産業計産業別(プラス)産業計(マイナス)
生産・
売上額等判断D.I.
+6ポイント■宿泊業,飲食サービス業
+22 ポイント
■製造業
+10 ポイント
■医療,福祉
+9ポイント
■サービス業(他に分類されないもの)
-15 ポイント
■建設業
-2ポイント
所定外
労働時間判断D.I.
+2ポイント■生活関連サービス業,娯楽業
+12 ポイント
■製造業
+7ポイント
■学術研究,専門・技術サービス業
+7ポイント
■金融業,保険業
-8ポイント
■卸売業,小売業
-7ポイント
正社員等
雇用判断D.I.
+2ポイント■不動産業,物品賃貸業
+16 ポイント
■建設業
+10 ポイント
■学術研究,専門・技術サービス業
+9ポイント
■サービス業(他に分類されないもの)
-4ポイント
■金融業,保険業
-3ポイント
パートタイム
雇用判断D.I.
-3ポイント■不動産業,物品賃貸業
+10 ポイント
■宿泊業,飲食サービス業
-16 ポイント
■運輸業,郵便業
-10 ポイント
■サービス業(他に分類されないもの)
-9ポイント

なお、2020年11月1日時点の労働者の過不足状況判断D.I.は、正社員については、2011年8月から38期連続で不足超過となっており、特に「建設業」、「医療,福祉」、「運輸業,郵便業」で人手不足感が高いようです。

また、パートについても、2009年11月調査から45期連続して不足超過となっており、特に「サービス業(他に分類されないもの)」、「宿泊業,飲食サービス業」などで人手不足感が高いようです。

■コロナの影響による失業者は増えているという報道はされているようですが、感覚値ではまだまだ人手不足感は払しょくされていないようです。


本記事は情報・記載内容は正確を期して提供し、誤りがないよう注意・確認の上、編集されていますが、不完全な記述や誤植が含まれる場合があります。
これらのコンテンツに記載された情報の完全性・正確性および利用結果について完全なる保証を与えるものではございませんので、ご利用は自己責任でお願いいたします。
なお、本記事において引用している行政機関等の発表内容に対するご質問は、発表元に直接お問い合わせ下さい。

アーカイブ

人事のことでお悩みがあればお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから のコピー

TEL:03-3791-1181 受付時間 9時30分~18時まで(土日祝日除く)

ご相談フォーム
  • 賃金制度を見直す|社労士事務所の賃金制度改定応援サイト
  • 給与計算のアウトソーシング|中小企業のための給与計算
  • 事例で学ぶ労務管理研修
  • 労務監査&労働条件審査
  • 社会保険労務士個人情報保護事務所 認証番号 第111246号

ページトップヘ