コラム・レポート

2018-08-15

平成29年度 監督指導による賃金不払残業の是正結果

行政等の公表情報

厚生労働省より、時間外労働などに対する割増賃金を支払っていない企業に対して、労働基準法違反で是正指導した結果が

発表されました。

 

これは、全国の労働基準監督署が、

賃金不払残業に関する労働者からの申告や各種情報に基づき企業への監督指導を行った結果、

不払だった割増賃金が各労働者に支払われた金額が1企業で合計100万円以上となった事案を取りまとめたものです。

 

【割増賃金とは】

法定時間を超える時間、勤務をさせた場合などに支払わなければならない、通常の労働時間又は労働日の賃金の計算額の

2割5分以上5割以下の範囲内でそれぞれ政令で定める率以上の率で計算した賃金のこと。

割増率については以下の通りです。

 

時間外労働=25%

休日労働=35%

深夜労働=25%

 

【結果】

是正企業数 1870社

 うち、1,000万円以上の割増賃金の支払い 262社

 

対象労働者数    20万5,235人

支払われた割増賃金合計額        446億4,195万円

支払われた割増賃金の平均額 2,387万円/社 

              22万円/人

 

詳しくは、こちらをご覧ください。

 

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_00831.html

アーカイブ

人事のことでお悩みがあればお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから のコピー

TEL:03-3791-1181 受付時間 9時30分~18時まで(土日祝日除く)

ご相談フォーム
  • 賃金制度を見直す|社労士事務所の賃金制度改定応援サイト
  • 給与計算のアウトソーシング|中小企業のための給与計算
  • 事例で学ぶ労務管理研修
  • 労務監査&労働条件審査
  • 社会保険労務士個人情報保護事務所 認証番号 第111246号
  • ROBINS掲載事業者
  • ROBINS確認者

ページトップヘ