コラム・レポート

2018-02-07

持ち帰り残業は労働時間に含まれるの?

労務管理のQ&A ■実務Q&A

◇上司の明確な指示による場合

 労働時間に該当する

◇上司の指示によるものではなく、自己の判断で仕事を自宅に持ち帰る場合

 原則として労働時間に該当しない

◇上司が持ち帰り残業を黙認している場合

 業務量を客観的に判断して持ち帰り残業が必然と思われる場合

 労働時間に該当する可能性がある

 例えば、期日までに業務を遂行する必要があり、残業や休日出勤をしなければ納期に間に合わないことが明白であるような場合は、たとえ上司の明確な指示がなくても労働時間とされることがあり得る。

アーカイブ

人事のことでお悩みがあればお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから のコピー

TEL:03-3791-1181 受付時間 9時30分~18時まで(土日祝日除く)

ご相談フォーム
  • 賃金制度を見直す|社労士事務所の賃金制度改定応援サイト
  • 給与計算のアウトソーシング|中小企業のための給与計算
  • 事例で学ぶ労務管理研修
  • Human Innovation
  • 社会保険労務士個人情報保護事務所 認証番号 第111246号
  • ROBINS掲載事業者
  • ROBINS確認者

ページトップヘ