コラム・レポート

2017-12-15

休日と休暇の違い

労務管理のQ&A 動画ブログ

「休日」も「休暇」も「お休み」ですが、法的にはまったく違うものです。

労務管理の視点で考えると、休日と休暇の意味合いは異なり、賃金計算などに影響を与えますので注意が必要です。

「休日」・・・労働義務がもともと課せられていない日

労働基準法第35条(休日)

1.使用者は、労働者に対して、毎週少なくとも1回の休日を与えなければならない。

2.前項の規定は、4週間を通じ4日以上の休日を与える使用者については適用しない。

「休暇」・・・本来労働義務のある日について、労働者の申請により労働を免除される日

例えば、年次有給休暇、産前産後休暇、育児休暇、介護休暇 など

 

人事のことでお悩みがあればお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから のコピー

TEL:03-3791-1181 受付時間 9時30分~18時まで(土日祝日除く)

ご相談フォーム
  • 賃金制度を見直す|社労士事務所の賃金制度改定応援サイト
  • 給与計算のアウトソーシング|中小企業のための給与計算
  • 事例で学ぶ労務管理研修
  • Human Innovation
  • 社会保険労務士個人情報保護事務所 認証番号 第111246号
  • ROBINS掲載事業者
  • ROBINS確認者

ページトップヘ