労務監査と労働条件審査

業種・規模にかかわらず、より正しい労務管理を行うことで、求人訴求力と社内の労働生産性を高め、企業の業績を向上させることが労務監査の目的であると考えています。 おかれている状況・ニーズ・ご予算感など、お客様の事情に応じた必要な監査を受けられるよう、サービスを組み合わせることができるようにしています。

労務監査とはなにか?

  • 労務監査とは何か? 近年ではブラック企業などといった、法令違反に対して厳しい批判が寄せられることや、行政当局としても労働基準法違反について厳格に指導していく姿勢にあります。 働き方改革や労働力人口の減少という時代の傾向も […]

    続き

労務コンプライアンスのコラム

  • No Image

    36協定をはじめとする労使協定を、労働者の過半数の代表者と締結する場合、どのような人を選べば良いのでしょうか? 経営者の方の中には、「権利意識の強い人が代表者になってしまったら、後々大変だ。できれば、会社の意向をくみ取っ […]

    続き

  • 「6ヵ月契約の有期雇用契約の従業員がいます。会社の業績不振のため、3ヶ月目で契約解除しようとしたところ従業員から、「6ヵ月働かせてもらわないと困る!」と言われました。正社員も解雇しているので、有期雇用の契約社員も同じよう […]

    続き

  •   「残業代はいらないから 働かせてくれ!」と社員が言って来たら? 近年は未払い残業代が問題になりつつあり、残業禁止の制度や、一定時刻を超えた場合に、強制消灯・強制退出をさせるような制度を導入する企業も増えてき […]

    続き

  • 時間外労働や休日労働をさせる際に締結する36協定は、誰と締結すれば良いのでしょうか? 正社員の過半数は労働組合に加入しているけれども、パートやアルバイトを含めて考えると、過半数に達しない場合は、労働組合とは36協定の締結 […]

    続き

  • 36協定をはじめとする労使協定を、労働者の過半数の代表者と締結する場合、どのような人を選べば良いのでしょうか? 経営者の方の中には、「権利意識の強い人が代表者になってしまったら、後々大変だ。できれば、会社の意向をくみ取っ […]

    続き

  • ▼無許可の残業であっても割増賃金を支払うのか?。 当社では、時間外労働を許可制にしています。許可の判断は直属の上司に任せているのですが、従業員の中には無許可のまま時間外労働を行っている者がいます。 その従業員から時間外労 […]

    続き

  • 先月入社した社員が、有給休暇の前借りを願い出てきました。この社員の要望に応える必要はあるのでしょうか。 ▼有給休暇の前借に応じる必要はありません。 労働者は年次有給休暇を自由な時季に取得できるのが原則です(労働基準法39 […]

    続き

  • 以下のような日常にありふれた場面は、隠れた労働時間を発生させる温床になります。 知らずに行っていないか、いちど棚卸をしてみてはいかがでしょうか? お昼の電話番などの時間がある。 暗に残業が指示されたり、残業せざるを得ない […]

    続き